熱交換器(多管式)のことなら藤産業株式会社

産業用コンパクト・小型多管式(シェル&チューブ)熱交換器、Uチューブ式熱交換器、
投込・挿入式熱交換器の設計、販売、オーダーメイド(製作品)の熱交換器の設計・販売。
1979年創業以来約40年の熱交換器設計、販売の実績。高品質な熱交換器で貴社をサポートします。

ホーム > 熱交換器とは

熱交換器とは

 熱交換器は保有する熱エネルギーの異なる2つの流体間で、熱エネルギーを交換するために使用する機器の事をいいます。
温度の高い物体から低い物体へ効率的に熱を移動させることで、物体の加熱や冷却などを行う目的として使用されます。

 温度の高い流体から低い流体へ熱エネルギーを移動させることを熱交換を呼びます。
また、熱エネルギーは温度の高い方から低い方へ移動する性質を持っています。
熱交換の方法として、金属等で隔てられた”壁”を介して2種類の流体を流し、お互いの温度伝えあう隔壁方式が取り扱い易く種類も豊富です。
この方式を用いて高温と低温の流体を交互に流し、熱エネルギーを移動させることにより高温流体の温度を下げ、低温流体の温度を上げます。

隔壁式の熱交換器は流体の加熱・冷却・濃縮・凝縮・蒸発・熱回収など幅広い分野で使用されています。
隔壁方式に対し、空気と水などの流体を直接接触させ、お互いの温度を伝えあう直接接触方式も用いられています。この方式は水の蒸発を空気によって促し、比較的温かい水を冷却する冷却塔や、蒸気や温かい空気等の気体を水などで直接冷却するバロメトリックコンデンサーなどに用いられています。

隔壁方式熱交換器の種類

 熱交換器には様々な種類の製品があります。
多管式(シェル&チューブ)熱交換器、二重管式熱交換器、フィンチューブ式熱交換器、プレート式熱交換器、スパイラル式熱交換器…etcなどがあります。
上記種類の熱交換器には製品によって様々な特性、得手不得手があり使用用途・目的によりどの熱交換器の方式を使用するか決定していきます。

 弊社は主に多管式(シェル&チューブ)熱交換器、二重管熱交換器の熱交換器メーカーですので上記熱交換器を得意分野として能力設計・構造設計・製作を行っております。
※多管式(シェル&チューブ)熱交換器、二重管式熱交換器、以外の熱交換器も取り扱っております。

お気軽にお問い合わせ下さい

熱交換器とは

コンパクト多管式熱交換器
SHE型
SHE-EXP型
HE型
RF型
STR型
STS型
Uチューブ式熱交換器
US型
水槽挿入・投込型熱伝熱管
USS型
FND型
製作熱交換器(オーダーメイド)
取り扱い材質
対応法規
その他の取扱い熱交換器
エロフィン式
プレートフィン式
プレート型
ガス・ガスプレート型
2重管式
コイル2重管式